を自分の女にしたいと思い始めたのは、僕が18の頃でした。
その時、は42歳。
高校を卒業したが就職も進学もせず、予備校にも行ったり行かなかったりして、
アルバイトばかりしていたある日、バイトが休みだった僕は居間でTVを見ていると…

が床掃除をしに雑巾片手に部屋に入ってきました。
別に気にもとめずTVを観ているとが、
「ちょっと前ゴメン」
と言って、TVの前を掃除し始めた時、なぜか僕の目はTV画面からのおへと視線が移ってしまった。
スリムのジーンズ姿のは、その大きなおを俺の方に向け、熱心に床を掃除してます。
その時のおが、まるで僕を誘惑するかの様に、右に左に揺れているのを見て、僕の股間は次第に膨らんできました。


母親をそんな目で見たのは、
その時が始めてでした。

それ以来僕はを一人の女として見るようになり、オナニーする時もを想像するようになりました。
欲望は止まる事無く、逆に益々膨らんでいく事を抑えることができなかった。
・・・の裸が見たい・・・の体に触りたい・・・と・・・
  

今日もは、さっきから部屋中を、くまなく掃除機をあてています。
残っているは、横になってテレビを見ているぼくのまわりだけです。
ふと、悪魔な考えが頭をよぎりました。

「そこどきなさい。掃除ができないじゃない。」

ぼくは無視して、何も答えません。
ごうをにやしたは、強引にぼくの寝ているところを、掃除し始めました。
これは、ぼくの作戦だったのです。

「よし、足元に来たな。」

その時、ぼくは寝返りを打つ振りをしての足をひっかけました。

「きゃーー!」
ぼく「危ない!」

ぼくは素早く立つと、を助ける振りをして、
に抱きつきます。

二人「わーー!」

二人は抱き合ったまま、ぼくの背中から、
床に倒れました。

「どすん。」

あたりに、大きな音が響きます。
二人は床の上で、倒れたままじっと動きません。

「いいにおい。」

これは、抱き合って床に倒れたとき、
初めて思ったことです。
のうなじから、甘い、懐かしい香水の香りがします。
ぼくは背中の痛みも忘れて、
の背中にまわした手に力を入れました。
の柔らかい胸が、ぼくの胸の上でつぶれます。
ぼくの勃起したものが、の股間にすいこまれます。
ぼくの中では、この一瞬が何時間にも感じました。

「あ、ありがとう。でも、もういいわ手を放して。」

ぼくは、はっと我に帰り、
を抱いていた手を放しました。

ぼく「あ、危ないな。ぼくがいなかったら怪我してたぜ。」
「ありがとう。でもね、あなたが急に足をだすから。あなたがね・・・・・・」

は、まだ何かを言ってます。
でも、ぼくはすっと立ち上がると、の言葉を無視してテレビも消さず、自分の部屋に急ぎました。
それは、早く股間で勃起しているものを処理したかったからです。
部屋のカギをしめ、ベットの上で天井を見あげながら、
ぼくは、さっきのことを思い出しました。
そして、これからもにイロイロといたずらしてやろうと思いました、でも犯そうとまでは、思ってませんでした。
このときは・・・


そして、とある平日・・・・・予備校に行く時は、ほぼも仕事に向かう時間でしたが、既に、この年代では特に一緒に家を出たり、一緒に電車に乗る事なんかは無くなっていました。
けれども・・・・・この日は・・・いたずらしてやろうと考えていました。

「いってきます。」
はいつものように出かけて行きました。
そしてぼくも、家を出ます。
少し離れて、の後を追う形になりました。
今日のの服は、小さなえりが付いた白い半袖のシャツと、
ひざがかくれるくらいの、黒いタイトスカートでした。
は薄いシャツを着ているものですから、後ろをつける形になってるぼくには、
ベージュ色のブラジャーがはっきり見えます。
それだけで興奮してきて、
立ってきました。
は、電車で痴漢されても抵抗しないのではないか?と、思ってました。
今日、痴漢する事を決意しました。

そのまま惹かれるように後ろを歩きました。
普段は、意識的に別の車両に乗り込むのですが駅に着いたぼくは普段とは違い、と同じ扉から電車に乗ることにしました。
電車がホームに入ってきます。
扉が開き、大勢の人といっしょにも乗り込みました。
ぼくも同じ扉から乗ります。
やっぱり、電車の中は超満員でした。
ぼくは人ごみの中、をさがします。
もし、目が合えばこの作戦は失敗です。
その時は、「あれ?同じ車両だったんだぁ~」って、言い訳を考えました。
見つからないことを祈りながらをさがしていると、
ラッキーなことには反対側の扉の前で外を見ていました。

「よし。」

ぼくは、2駅ぐらい使ってやっと、の後ろにたどりつきました。
は扉のガラス越しに外を眺めています。
周りを見てみました。
新聞読んでるサラリーマン。
音楽聴いてる女子高生。
誰もこちらを気にしていません。
ぼくはまずの後ろに立ちました。
心臓がバクバク言ってます。
勃起したものをのおにあてました。
はぴくっと反応しました。
そして次に、ぼくは電車の揺れのせいにして
を扉の窓ガラスに、押し付けます。
それからです、右手での太ももをそっと撫でてみました。

は絶対に抵抗しない。」
ぼくは、そう念じました。
ここで声でも出されたら、たいへんなことです。
確信はしているというものの、の太ももを撫でる手は恐る恐るでした。
しかし、は少し身じろぎしたものの・・・
周りに自分が痴漢行為されてるのを気づかれたくないのか黙っています。
体を震わせうつむいているだけでした。
ふとももや、内股をなでまわしてみます。
は、モジモジしながら、ぼくの手から逃げようとしますが扉に押し付けられ逃げることが出来ません。
何度か、はぼくの手を振りほどこうと、自分の手で、ぼくの手をどかせようとしましたが、
そのたびに、グッと力を入れて太ももを触ると、やめました。

「大丈夫。は、怖くて何もできない。」

ぼくは安心してもっと大胆な行動に出ました。
撫でていた太ももから手を
はなし、
ぼくの体でガラスに押し付けられているの胸を両手で揉ました。
ビクン!と、体が反応しました。
ですが、やはりされるがままです。
もし、窓の外から誰かに見られたら、たいへんです。
強く、の胸をモミしごきます。それでもは、何の抵抗もしません、うつむいて我慢しています。
ぼくの、手の甲はガラスで挟まれとても痛いです。
でも、手のひらのほうは、の柔らかな胸の感触がとても気持ちいいです。
ぼくは段々気持ちが高ぶってきて、今度はシャツの下から触りたくなりま
した。
右手で真ん中のボタンを二つ外すと、そのままシャツの中に手を入れます。
ブラジャーごしに揉む胸も、とっても気持ちいいものです。
は、相変わらずうつむき目をつぶっています。
そして仕上げです。
ブラジャーの中に手を入れることにしました。
ブラジャーと胸の間から指をもぐりこませます。
とっても、もちもちした感触です。
そして、ブラジャーの中をまさぐり・・・
もうすぐおっぱいの先端に指がたっするときでした。
誰かの視線を感じ、ふと横を見ると、
音楽を聴いていた女子高生がこちらを、睨んでいます。
今にも「痴漢がいます!」と、叫びそうです。
ぼくはあわててのシャツから手をぬきました。
そして何食わぬ顔をします。
は、相変わらずうつむいています。
まだ女子高生は睨んでいます。
その時です、電車が運良く駅に着きました。
そしてすぐに扉が開きます。
たくさんの人が降ります。
ぼくも人ごみにまぎれ、電車を降りました。

「ああ、たすかった。」

でも、ほっとしたのも束の間、ぼくは急いで駅のトイレを探すことにしました。
なぜなら、まだ感触がのこっているこの手で、
あれをするために。

も今日の痴漢は、ぼくだとは気づかなかったようですし、ぼくも考えがもっとエスカレートしてきました。
次の日も同じ電車の車両に乗り込みましたが・・・例の女子高生も乗っています。
電車での痴漢は、もうできないと、あきらめました。
もっと、違ういたずらを考えないといけないと、思いました。